おもしろ

【出発!】イケ社で旅する夏休み

小幡竜一 小幡竜一
229 views 2015.07.17
tabi_eye

大学の前期課程はいよいよ終盤です。レポートやテストを乗り切れば、待ちに待った夏休み!中には「旅行へ行きたい!」と心を躍らせている人もいるのではないでしょうか。ん?まだ何も考えていない?大丈夫!まだ間に合います!!旅を楽しむためのヒントをイケ社から見つけていきましょう。

【旅】東北の魅力を独自の角度から味わう!仙台発の旅行会社「たびのレシピ」

ikesya_tabirecipe_eye-re

「どこかへ行きたいけど、行き先に迷うなー」と思っているなら、「たびのレシピ」がオススメ!旅行の計画に悩んでいる人とって、大変頼りになる存在です。社長の佐藤英彦さんは「東北の魅力を全国に広めたい」、「仙台や東北の人に恩返しするためには、仙台に旅行会社を作って、東北に住む人たちに還元できるようにしたかった」といいます。お店では、「普段の生活では味わうことのできない嬉しさや感動を体験してもらえるような、『本物の旅』を提供したい!」と、こだわりのツアーも提案。お客さんに現地でのみ感じることのできる特色を知り、安心して楽しんでもらえるようにしています。様々なプロとコラボし、満足度の高いツアーを提供することを目指しています。行き先に迷ったら、「たびのレシピ」に相談を!!

【観光&貸切バス】自社企画のバスツアーで街と町、町と人をつなぎたい!「仙台バス」


sendaibus_eye-re

仙台市内や観光地で、伊達正宗のマークが入った大型バスを見たことがある人も多いのではないでしょうか。「仙台バス」でも自社企画のバスツアーを実施しています。もともとは旅行会社から依頼を受ける「貸切バス事業」のみでしたが、2代目で現在会長の猪股正之さんが、バスツアーを企画する事業を開始しました。

旅行といえば「観光バス」というイメージ。添乗員さんのガイドで旅先にある名物の事を知ったり、新しい発見も盛り沢山!走行する際に見える景色は思い出のひとつになるかもしれませんね。

HEY,タクシー!奮闘続ける、まちの足「泉タクシー」


ikesya_izumitaxi_eye-re

旅先で道に迷った時、真っ先に頼りたくなるのがタクシー。「目的地にたどり着けないんじゃ…」という不安でいっぱいだった心境から一変、その地域の地理を把握している運転手さんが行き先へ連れて行ってくれるので、とても心強いです!車内ではまた迷子にならないように、道順を丁寧に教えてくれるかも?

【仙台イケてる会社訪問vol.6】スポーツ自転車の楽しさ発信!「二輪工房 佐藤」


nirin-eye41-re

ロードバイクやスポーツバイクに乗って、旅先へ向かうのもいいかもしれません。上り坂や強風などの気候の影響を直接受けるので、体力勝負の場面は多いかもしれません。でも、自分のペースで着実に目的地までの道のりを乗り切った時に得られる達成感は、自転車でしか味わえない旅の楽しみ方だと思います。「二輪工房 佐藤」では、走行中の景色や補給食を堪能できる、「自転車で走ること」を楽しんでもらうためのイベントを、お客さんに紹介しています。

・・・旅行といえば、宿泊も気になるところです。

【ネット×旅行】新しい宿泊スタイルを生み出し、社会問題に取り組む「百戦錬磨」

ikesya_hyakuren_eye-re

ホテルや旅館でもなく、旅先の「家」に泊まれたら、普通の旅行とは一風変わった旅になりそう!百戦錬磨では、「空き家」を宿泊先として活用しようと考えています。これまでは、ホテルや旅館に宿泊することが定番でしたが、この取り組みによって、旅行客の選択肢が増えるかもしれません。

イケ社で「旅」に関わる企業をピックアップしてきました。アルバイト、サークル活動、インターンシップなどなど、確実に自分のためになる事に時間を費やす人も、旅行へ行ってリフレッシュしてみてはどうでしょう。「自分に合った旅行の計画」はもちろん、旅先で思わぬ発見があるかもしれませんよ!「イケ社で旅する夏休み」が、今年の夏の財産になるかも!?これは、私も予定の合間を縫ってどこかへ行かなければ…!それでは、充実した夏休みをお過ごし下さい!!

next_action

この記事を書いた人

小幡竜一
小幡竜一
東北工業大学3年
生まれも育ちも仙台市。小さい頃からずっと暮らしています。下の名前で呼んでもらえないのが悩み。皆からは「小幡くん」と呼ばれる。サッカー、ハンドボールが大好きです。趣味は映画鑑賞とショッピング。面白そうな映画と洋服には目がありません。