おもしろ

学生記者が潜入取材!情報交換会で聞く、企業の本音とは?

阿部 梢 こずえちゃん
720 views 2013.12.17
jyouhou_eye
jyouhou_kozueこずえちゃん(東北大学3年生)
※いぐする学生記者。ノリよし、テンポよし、元気よしのムードメーカー。

今をさること1ヵ月前の11月1日。
私、学生記者・阿部梢は仙台国際ホテルにいました。

理由はそう!
とある就活イベントに潜入取材させてもらうことになったからです。
どんなイベントかと言いますと…

  • 大学生のための地元就職応援マガジン「仙台で働きたい!」
    主催【就職と採用に関 する情報交換会】

jyouhou1

といったものです。
仙台国際ホテルの、静かで洗練された雰囲気に、ちょっとだけビビりつつ、 学生記者としての本格的な初仕事!
ということで、気合いが入ります。

キレイめな格好で取材開始!

潜入チームは3人。いぐする仙台編集室・副編集長の中嶋美幸さんをリーダーに、学生記者は私と石川椋くん。

reworld_nakashima
中嶋 (副編集長)
キレイめな格好してきてね。スーツじゃなくてもいいよ!

という中嶋さんの言葉を受け、私なりにめいっぱいキレイな格好をしたつもりだったのですが…

jyouhou2
ビシッとダークスーツな大人たち

しっかり、ビジネスの現場なんですけど~~~(泣)

↓↓↓ 私はといえば、こんな格好、ドン!! ↓↓↓
jyouhou3
もう働いていそうな椋くんと、お気楽スタイルな私

jyouhou_ryo石川椋くん(東北学院大3年)
※ゴルフはしたことがない学生記者。ピリっとした真面目な記事を書くのが得意。

雰囲気に負けず、椋くんと「いぐするポーズ!」で気合いを入れます。

就職と採用に関する情報交換会とは!?

今回のイベント、「就職と採用に関する情報交換会」は、宮城や山形の大学・短大が約10校、ブースを設けてそこに20社以上の企業が訪問するシステム。大学の就職課の方たちと、企業の採用担当者が参加しました。

大学側は企業に学生の就活傾向や学内セミナー情報を、企業側は大学に求人予定や採用したい人物像、OBOG情報などについて提供し合います。

で、われわれ学生記者は何をするかといいますと
時間が空いた企業の方と名刺交換!(ドキドキ!!)
初めての名刺交換!(ドキドキドキ!!!

情報交換会スタート!

さっそく、情報交換会が始まりました。

20分ほどで大学と企業がローテーションしていきます。
そのため私たちがお話を聞けるのはその合間。ニッチな時間を狙います!

どこまで聞けるのかなぁ?と探り探り。

最終的に、5社の企業の方にお話を聞くことが出来ました!
就活生として、やっぱり気になる採用のお話を中心に取材しました。

ドキドキ!取材開始!!

jyouhou4
取材が始まると、真剣スイッチがオン

大学生は普段、バリバリ働いている大人と接することはほとんどなし。働く大人、かっこいいです。

名刺交換でも、いちいちアタフタする私。スマートに名刺を取り出す働く大人の方たち。差が激しい…

名刺の渡し方、受け取り方のマナーも身をもって知ることができました。

話を聞いてみると、どの企業さんも魅力的なのです。
会社の名前を知っていても、具体的な業務内容は実際には知らないものが多いのです。いちいち「へぇ~!!」と感心しながら取材していました(無知ですみません…)

その上、影響を受けやすい。まさにスポンジのような私。話を聞くたびに
ここに就職、アリだな…」と考えておりました。

jyouhou5
椋くんと2人で取材もしました

企業の本音

興味深かったのは、「学生」と「企業」の温度差の話。

例えば、ある会社で求人していたのは「営業」という仕事。
学生の情報収集不足で、募集職種ではないものを希望してくる人が多いんだよ。会社のホームページにあるような派手な仕事だけじゃなくて、地味な仕事でもやりがいを持って出来る人がいいよね」と担当者は話します。

また別の会社の担当者からは
「古いやり方かもしれないけど、足を動かすことが一番の就職活動。そこでいかに動けたかで、会社に入ってからも動けるかどうかを見たい。ネットでクリックしただけじゃ、採用担当まで熱意は伝わらないよ」と本音のアドバイスをいただきました。

話を聞いている私にも、グサグサと…
そうだよね、○○ナビに登録しただけで、就活準備しているよ!とか甘いよね…

いま、学生である私たちはパソコンでの活動が中心になっているけど、実際に採用担当の方たちは上の世代の方たち。自己満足じゃなくて、目に見えるように就職活動たるものをしていかねば!と強く感じました。

こんなことが分かったよ!

またそこで感じたのは、企業って、大きさも業種もさまざまだけど、採用したい学生像に共通点があるのではないかなぁ~ということ。

就活では、個別の企業に対する「愛」はもちろんだけど、もっと「働く」という根っこの部分がないといけないのだろうな。
その根っこさえしっかりしていれば、面接でも、ある程度のところまではいけるんじゃないかな?

実際に働いてからも、仕事に対して誠実でいられるのではないかなと思うのです。

あれぇ?書いてみたら、なんか当たり前のようなことですね。
うん、でもそんなことでも、実際に働いている大人の方たちに教えてもらえたから、気づけたこと。取材に来て良かったです!

な~んて、エラそうに書いてるけど、私もまだ何もできていません(汗)
これを読んでくれた同じ就活生のみんな、ともに頑張りましょう!

さあ、今度は名刺交換させていただいた企業に取材に行きますんで、お楽しみに!

next_action