おもしろ

【仙台いきもの図鑑】File No.5 剥ガセルンジャー  悩めるエイギョウくんを救う!

シズカ シズカ
168 views 2014.06.16

「いきもの」たちの仕事って

ゆるーく、かわいらしく、愛きょうをふりまき、会社やお店のイメージアップに努める「いきもの」たち。仕事は広報やPRだけかと思いきや大間違い!悩めるエイギョウくんを救ったヒーローが仙台にいました!
仙台昭和レーベル_1

暗黒時代?

「商品はいいはずなのに、良さが伝わらない!」「なぜ興味をもってもらえない?!」「一体どうしたらいいんだ…」。仙台市若林区の工業地帯から悲痛な叫びが聞こえてきた。時は今から2年ほど前、『仙台昭和レーベル印刷』では、しかめっ面が溢れ、資料ザウルス文字ダラケンに完全に支配されようとしていた。まさにコミュニケーション不全、この世は暗闇って感じ。

オマエの思い通りにはさせないぞ!

ラベルで剥がす! 剥ガレッド!!
きれいに剥がしてエコ! 剥ガグリーン!!
スプレーで剥がす! 剥ガブルー!!
デザインで差をつける! デザピンク!!

4人あわせて 環境戦隊「剥ガセルンジャー」!!!!
仙台昭和レーベル_2

「伝わらない」からの解放

「おもしろいねぇ」
「わかりやすい!」
「堅苦しくなくなった」

ありがとう剥ガセルンジャー!

お客様ニコニコ顔。
文字ダラケン、あっさり敗北。
ヒーローは伝えることの達人だったんだ。こうして悩めるエイギョウくんは文字だらけの資料から解放され、仙台昭和レーベル印刷には笑顔が戻ってきたのだった。

ラベル印刷ってなに?

仙台昭和レーベル印刷は元々は北海道が本社の昭和レーベル工業株式会社の支社だった。1994年に独立以来、ラベル印刷一筋20年!

…ラベル印刷って普通の印刷と違うの?

仙台昭和レーベル_3yamada
山田雄介さん
紙に印刷して裁断する「一般印刷」とは工程が違って、ラベル印刷はシール状に仕上がります。裏面に糊がついた用紙に文字や絵柄を印刷し、型抜きして不要な部分を取り除いた状態で出来上がり。
*たくさんの役割を担って多忙なはずなのに、疲れたオーラも、忙しいオーラも発していない。営業するデザイナー。

シールってことは、貼ることが使命な訳ですね。

仙台昭和レーベル_4
ラベル屋が剥がせなくてどうする。
クリーンな地球の明日を願う ラベル屋さんの機密戦隊!! 環境戦隊「剥ガセルンジャー」!!!

や、山田さん?
っていうか剥がすって…矛盾してないですか?

備えあれば憂いなし。先まで読むチカラ

仙台昭和レーベル_5label2
▲接着剤が残ってガビガビ

飲食店に卸す生ビールの樽や、コンビニ・スーパーのプラスチック製の商品を搬入するケースは何度も納入先を記載したラベルを貼り、返却後は剥がして利用する。繰り返し使うって、エコな印象だけど、実は再利用する時に洗浄する薬剤や人件費などのコストがかかる。しかも納品ラベルをきれいに剥がせず接着剤が残った部分からカビが発生することも。

仙台昭和レーベル_4
剥ガレッド参上!
必殺!「貼っ取り君」!!
ラベルを貼る部分に予め貼っておいて簡単にラベルを剥がしたり貼ったりできるから!洗浄する薬剤や水も不要だ!!!

仙台昭和レーベル_7yamada2
「ラベル屋」なので、貼りたい場所にきちんと貼れるのは当たり前。必要に応じて貼ったり剥がしたり、ラベル屋としてできることはなにかを考えています。

仙台昭和レーベル_8
きれいに剥がしてエコ! 剥ガグリーン!

仙台昭和レーベル_9
▲必殺!「貼っ取り君」でツルツル

剥ガセルンジャーの弱み発見?!

あれ?剥ガグリーンのエコって剥ガレッドの必殺技「貼っ取り君」の効果じゃ…。デザインで差をつけるというデザピンクに至ってはサービス。もしかして、剥ガセルンジャーの矛盾、発見しちゃった?(ニヤリ)

仙台昭和レーベル_7yamada2
剥ガセルンジャーは会社の強みの結集です!

仙台昭和レーベル印刷では、印刷から納品までを自社で一括管理している。さらに、通常は営業が行う打ち合わせも、デザイナー自らお客さんのところに出向くのが特徴。ラベルを貼りたい商品を直接みて、商品に込められた思い、商品の売り、トレーや容器の色、入れたい文言、ラベルに使う紙の材質など、全て考慮してデザインを提案している。デザイナーが営業も兼ねるって万能すぎ。
「ラベルは商品に洋服を着せることと一緒」という社長の言葉を教えてくれた山田さん。つまり、商品に合ったラベルをつけることによって魅力をさらに際立たせることができるってこと。剥ガセルンジャーも、矛盾どころか色々と力を合わせるからこそ最強だってこと?!

なんか足りない

商品のレッドとブルー、エコなグリーン、デザインのピンク。確かに全部重要なんだけど、会社の戦力として、大事ななにかが抜けてる気が…。
仙台昭和レーベル_11
ぱらり

仙台昭和レーベル_12
営業イエロー!

いたんだ?!イエロー。カレー好き。
ででーんと、会社案内の中に仁王立ち。
ネクタイ締めてて、さすが営業!イザという時頼りになりそ感満載。
普段は表に出てないところをみると、影の実力者??
きっと剥ガレッド達の活躍をニコニコと見守っているんだね。
そういえば剥ガセルンジャーが登場した時、ニコニコしていたっていう社長はカレー好きという噂。あっ営業イエローって…。

仙台いきもの図鑑
名前 剥ガセルンジャー
剥ガレッド、剥ガブルー、剥ガグリーン、デザピンク、営業イエロー
性別 みたとおり
誕生日 剥がすのに困った時に登場
年齢
生息場所 困っている場所
出没場所 資料、インターネット、展示会
仕事 ラベルを剥がすお手伝い
性格 正義感あふれるヒーロー
好きなもの イエローはやっぱりカレー好き

仙台昭和レーベル_13

next_action

この記事を書いた人

シズカ
シズカ
ライター
「そんなに寒くないよ」と言われる仙台の冬が苦手な冬生まれ。
おいしいもの大好き。美味しいお店から発せられるオーラ(?)を感知するのが得意。
活字中毒気味。働いてなければ間違いなく冬ごもりします。