学生記者がお仕事の魅力を発見!仙台イケてる会社訪問
イケ社

【仙台イケてる会社訪問vol.9】お客様の期待に応え続ける「イシイ株式会社」

鈴木里緒 鈴木里緒
2,685 views 2014.04.07
ishii_eye
鈴木里緒 鈴木里緒 山形大学3年
ピンクの看板、気になるお店。中に入ったことはないけど、ちょっと気になる。皆さんもそんなお店があるのではないでしょうか。我が家の近所にある作業服と作業用品のお店「ダブルストーン」もその1つ。2011年に東日本大震災が発生した翌日も変わらず店舗を開き、営業を続けていたことを覚えています。店舗を展開するイシイ株式会社を訪ね、仕事に掛ける思いをじっくりと聞いてきました。

ishii1

〝働く人〟のために働き続けて53年

ishii2

イシイ株式会社は1961年に現社長の石井吉雄さん(71)のお父様が染物屋「石井次雄商店」として創業したのが始まり。2代目の石井さんが時代の流れに合わせて業務内容を変えながら、1代で売り上げ50億円、従業員130名を抱える企業に成長させました。

現在、会社を支える軸となっているのがユニフォーム事業。企業や学校向けに制服や実習服の開発、販売、レンタルを手掛けています。ユニフォーム業界では売り上げシェアが東北1位を誇り、自治体、大学、民間企業など延べ約1万件の取り引きがあります。

ほかにも17店舗を展開する「ダブルストーン」の運営や、企業のサービスを利用した人に配る景品や雑誌の付録といったノベルティ商品の製造にも携わっています。近年は環境にやさしい製品の開発など環境事業にも取り組んでおり、さまざまな角度から〝働く人〟を支えています。

ishii12

ishii11

明るく広々とした雰囲気のお店の中には、大量の商品が所狭しと並んでいます。キャラクターを描いた手書きの広告で商品を紹介したり、工事現場などによくある赤色の三角コーンを店内の装飾に使うなど演出も工夫されています!

ishii20
ishii15
ishii24
ishii8

お店の大半を占めるのは作業用品コーナー。ヘルメットや工具、手袋、長靴など充実の品ぞろえです。同じ用具でもデザインや色が違うさまざまな商品を取りそろえています。
作業着は布地に柄が入っていたり、春らしいパステルカラーだったりと選ぶのが楽しくなりそう!

ishii9
ishii25
ishii28
ishii27
ishii14

特に作業靴は若い人向けにおしゃれなものが多くなってきているらしく、見た目はスニーカーのようにカラフルでデザイン豊富です。鉄鋼先芯が入っていて、きちんと機能性も持ち合わせています。その店づくりからは、若者からベテランまで、全ての働く人の需要に応えようという意気込みがうかがえます!

ishii13
ishii29
ishii10

「お客さまのために」。商売人の底力を発揮

「さあ、店を開けるぞ」。東日本大震災が発生した翌日朝、仙台市若林区卸町の本社に石井さんの声が響き渡りました。混乱が続く中、「ダブルストーン」の営業を決心したのです。
震災による津波で塩釜店と石巻店は骨組みだけになり、気仙沼店に至っては土台ごと流されました。石井さんを突き動かしたのは「どんな時でもお客さまの期待に応えたい」という強い気持ちでした。

ishii22

本社前には約30人の社員が集まり、それぞれ長靴や軍手、カッパなどありったけを車に積んで各店舗へ向かいました。ギリギリのところで被害をまぬがれた石巻市の蛇田店前には100人近くのお客さんがおり、物資を持った社員の到着を拍手で迎えたそうです。

はだしで十数キロ歩いてきた人、着る物がなくビニール袋を体に巻いた人もいました。当初、所持金がなかった人にはそのまま商品を渡しました。
石井さんは「震災後は嵐のように忙しい日々だったよ。でも『苦しい時にやれば結果が出る』と信じていたから続けられたんだ」と当時を振り返ります。

物資の調達は長年かけて築きあげたネットワークを存分に生かしました。主に秋田、果ては大阪から米やガソリンなど主要な物資を集めました。普段は扱うことのないおむつ、生理用品、カップラーメンなど、役立ちそうなものは何でも取りそろえたそうです。

営業を続けていたことが口コミで広まり、店の外まで行列ができました。停電が続きレジが動かない状況の中、手作業で精算にあたる従業員。我慢強く会計を待つお客さんがいる一方で、商品を持ち逃げする人もいたそうです。
「従業員からは『持ち逃げする人を見るとやりきれない気持ちになるから、これ以上はやめてけさいん』と営業を続けることに対し反対の声が上がるようになったんだ」といいます。
「それでもとにかくやるしかない。自分たちを待っている人がたくさんいるのだから」。その決意は変わりませんでした。

ishii4

広がる「ありがとう」の輪

震災発生後、1日も休むことなく店舗の営業を続けました。自衛隊や警察、ボランティアも「ダブルストーン」の商品を必要としており、次々と注文が入りました。変わらず一般の人にも商品の提供を行いました。震災の混乱が一段落した後も「えらい助けらっだ」「ありがとう」と店頭にやってくるお客さんから感謝の声が寄せられるようになりました。

震災前と震災後で社員の士気の変化を実感しており、ある社員は「社長、こんなに感謝されたのは初めてです」と涙声で話したそうです。
「初めは営業に反対していた社員も自分が今できることは何か、そのためには何をやるべきかを純粋に考えるようになっていました。社内の団結力は以前にも増して格段に上がりましたね」と石井さんは胸を張りました。

ishii7

震災による痛手は予想以上でした。自社の3店舗が被害に遭ったほか、約300件の取引先を失いました。現在でも未回収のお金もあり、逆風に負けず立て直している最中です。
しかし「今になっても震災発生当時の事に対する感謝の声は広がり続けており、結果的に売り上げアップにもつながっています」とのこと。震災に負けずお客さんのために商売を続けた「結果」は着実に生まれています。

ishii5

物を大事に!父の教え守る

イシイ株式会社では近年、環境事業にも熱心に取り組んでいるそうです。
除菌や消臭に役立つ高機能水「ステリPRO」、非常事態に役立つ蓄電池の「エネレージ」、省エネに繋がるLEDといった製品の企画、販売に取り組んでいます。

ishii23

新事業に取り組むきっかけについて「この何が起こるか分からない時代に現状維持していては20年後会社が生き残ることはできない」という石井さん。目先のことに囚われず、常に10年先、20年先の長期的なスパンで経営戦略を立てているそうです。「生き残るためには時代の変化に応じて、常に自分たちも変化を続ける必要がある」と挑戦を忘れません。
では、なぜ環境事業なのでしょうか?それは「まだ小さいころ、父親に『物は大事にしねえといけねぇ』と繰り返し言い聞かせられたからなんだ」といいます。
石井さんによると、「物を大事にしない=ゴミが増え、大気や水が汚染される」ということ。「環境事業に取り組むことで尊敬する父の教えを守っている」そうです。
今後、従来のユニフォーム事業と並行しながら、環境事業も東北を中心に拡大していく予定です。

ishii6

▲環境にやさしい活動を継続的に行っている企業に与えられる国際規格ISO14001。中小企業が新しく構築したシステムにおいて申請されることが多いです。イシイ株式会社は2002年に取得しました。(上の写真が認定書)

事業拡大へ求む新卒!

イシイ株式会社ではどんな人材を求めているのでしょうか。
石井さんは「チームで仕事をすることを大事にできる人」と真っ先に挙げました。「震災が起こってから今まで1日も休まず営業できたのは、従業員全員で力を合わせたから」といいます。「『自分さえよければいいや』の考えではできるものもできなくなってしまう。だから思いやる心を忘れないでほしいですね」と強調しました。
今後は新規事業拡大に向け、新卒採用枠も積極的に増やす予定だそうです。イシイ株式会社の挑戦は始まったばかりです!

「皆の声に応えるには1つの事に固執せず、常に変化を求めていかなきゃ」と力を込めて語る石井さん。取材を通して「変化」という言葉を強調されていました。仙台生まれ仙台育ちということで、仙台弁での語り口が印象に残りました!(再現したかった…)
人が集まってくる人ってどんな人だろう。この取材を通して少し分かった気がします。石井さんは常にサービス精神を忘れません。1時間の予定だった取材に3時間近くもこたえてくれたり、こまめに飲み物を出してくれたり、初めての取材で緊張していた私の心をほぐしてくれるような話をしてくれたり。
「相手を喜ばせよう」と普段からさりげなく行動できる石井さんだからこそ、震災発生時もお客さんのために営業を続けることができたのだとわかりました。

鈴木里緒鈴木里緒山形大学3年
next_action

イシイ株式会社
http://www.ishi-i.co.jp/
創業1961年
従業員数130名
住所〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町二丁目7-6
電話番号022-284-2211

この記事を書いた人

鈴木里緒
鈴木里緒
山形大学3年
海や山に 行ったり、思いのままに散歩することが好きです。
夏になったら、去年から始めたトレッキングを本格的にやろうと思います。
良い情報をみんなに伝えれるよう頑張ります!