テラス

「株式会社ユニソン」鈴木義孝さん【いぐするテラス】

シズカ シズカ
228 views 2018.01.25
terrace_eye-1109suzuki

「こんにちは」
会場に入ると、株式会社ユニソンの統括部長、鈴木義孝さん(38)が笑顔で迎えてくれました。
鈴木さんが用意した紅茶からは、少し甘く、リラックスさせてくれる香りが漂い、テーブルの上ではお手製のクグロフが花で囲まれ華やかさを演出しています。

igutera-yunizon-10

11月9日のいぐするテラスは、さながらティーパーティーのよう。8人の参加者たちは、照れたような、くすぐったそうな表情で席に着いています。鈴木さんのお話は、紅茶を飲みながら、心なしかゆったりした、少し優雅な雰囲気で始まりました。

ストレスとどう付き合う?忘れていた紅茶と再会

DSC02198

「ユニソン」に勤めながら、紅茶の魅力を伝える活動もしている鈴木さん。2枚目の名刺には、「経済産業省・農林水産省認定 おもてなし紅茶文化普及委員会 宮城支部長」、紅茶サークル「茶葉の会」代表と書かれています。大学時代に出会い、好きになった紅茶ですが、社会人になり、あまりの忙しさから“好き”だということも忘れてしまっていたと話します。

igutera-yunizon-7

鈴木さんは山形出身。茨城県の筑波大学で、地球科学の古生物学という専門性の高い分野を学びました。その後、大学院まで進みましたが、就職したのは専門とは直接関係のない学習塾の運営会社でした。次に勤めたのは、保険会社です。決め手は「給与とネームバリューに惹かれて」と笑います。そこは「“弱肉強食のビジネスの世界”だった」と鈴木さん。毎日数字のプレッシャーがあったものの、家族がいるから、そう簡単にはやめられないと思っていたそう。
「でも、ある日気が付いたら病院のICU(集中治療室)にいたんです」。

会社で倒れ、病院に運ばれた鈴木さんは、意識が戻った時、看護師に声をかけられました。
「よかった鈴木さん、目が覚めて」。
「この1日で3回、心臓と呼吸が止まったんだから」

鈴木さんは力強く、「ストレスの怖いところは自覚症状がないところ」だと話します。
「だから、ストレスをどうコントロールしていくか、どうしたらリセットできるかをできるだけ早いうちに知っておいたほうがいい」。
そして、これから就職する人に向けてこうアドバイスしてくれました。
「いい会社かどうか判断するのは難しいけど、企業の福利厚生、職場復帰のプログラムを用意しているかなど、社会的問題にどう対処しているのかを聞けるのであれば聞いてみてもいいと思う。聞く前に調べてみてもいい。それは会社の強みなはずだから」。

igutera-yunizon-3

退院後、鈴木さんはそれまでの生活を見直す中で、家族だけでなく、当時の上司や様々な人に支えられていたことに改めて気が付きました。そして、紅茶が好きだったことも思い出しました。
今では、勤めている「ユニソン」で働く人たちの職場環境や精神的なサポートをすべく、紅茶の効果を取り入れたティーパーティーを定期的に開いています。
「次はいつですか?」と催促されるほどの人気だとか。
鈴木さんは、毎日を楽しくするために、気持ちをリセットすることが大切と真剣な表情で参加者に話してくれました。

igutera-yunizon
△参加者で、鈴木さん手作りのクグロフをおいしくいただきました!

参加者の感想・斎田さん(東北大学3年)

僕は、これから鈴木さんと同じように、理系の大学院を経た就活を考えています。そこで、鈴木さんの経験を参考にしたいと思い参加しました。鈴木さんの大学時代のお話は、研究に没頭する理系学生によくあるエピソードかもしれませんが、実際に就職する際のリアルな心情や、陥ってしまう考え方などがとても参考になりました。特に印象的だったのは、保険会社時代のお話です。待遇(給与・福利厚生)の良さの裏には厳しいノルマや激務があるかもしれないことは、知識としては持っていましたが、実際の体験談を間近で聞くことはなかったので驚きでした。職場改革などが声高になっている昨今でも、厳しい環境が存在していることを、学生の僕にとっては知るよしもないですので。
大手と中小企業のどちらも経験した鈴木さんのお話は、僕の周りの就職活動に奔走中の友達や先輩の話とはまた違う観点から語られていて、はっとさせられました。僕たち大学生は、やはり大手志向になりがちです。給与や勤務時間などのわずかな情報からしか、良し悪しを判断できません。ですから、「プライベートを大事にせよ」というアドバイスを、今後、自分自身が就職する上での一つの指針にしていこうと思います。

igutera-yunizon-8

取材協力:株式会社ユニソン
文章・写真:安部静香(いぐする仙台)

次回のいぐするテラスは♪

新年一発目のゲストは、仙台市のIT企業「コミィ株式会社」の代表取締役・柿沼清孝さんです。
コミィでは、マンガ投稿サイト「COMEE」(http://www.comee.jp/) という自社サービスの運営などを行っています。

【日時】2018年2月13日(火) 18:30~20:00
【場所】ファイブブリッジ 4階会議室(仙台市青葉区北目町4-7 HSGビル)
【対象】学生および若手社会人の方
【参加費】無料!
【キーワード】
#起業 #キャリアアップ #キャリアデザイン #IT企業 #働き方 #働く場所 #転職 #職業選択 #業界研究 #就活 #地元企業

詳細やお申込みは、次のイベントページからチェック!

next_action

この記事を書いた人

シズカ
シズカ
ライター
「そんなに寒くないよ」と言われる仙台の冬が苦手な冬生まれ。
おいしいもの大好き。美味しいお店から発せられるオーラ(?)を感知するのが得意。
活字中毒気味。働いてなければ間違いなく冬ごもりします。