いぐmama

企業の理解が働く土壌をつくる-2/いぐmamaレポート

いぐmamaプロジェクト いぐmamaプロジェクト
48 views 2016.11.23

私が重視すること

Print
・仕事内容、
・子持ちの女性は需要があるか

聞かなければ分からない。社員への企業の期待

設備工事業の「羽後設備」を訪問。以前に建設関係の仕事をしていたのでお話を聞いてみたいと思いました。設備だけでなくイノベーション事業や風力発電事業にも力を入れており、環境問題や世間のニーズにマッチした取り組みもしていて視野を広げることも大事だと感じました。また、女性視点での気配りや細かい作業もあることから女性社員は必要不可欠と担当者は話しており、時短勤務など導引しているとのことでした。
紙加工メーカーの「ARC」。ポップシールやレシートに使用されてるロールペーパーなどよく目にするものを作っている会社ではどういう仕事をしているのか興味がありました。仕事内容は顧客とデザインの打ち合わせが主で、東北6県の顧客もいるので月1~2回は出張あり。平均退社時間は19時頃と営業職にしては早いのでフルタイムでも働きやすそうだが、出張があるため家族の助けが必要になる。
詳しい仕事内容や子持ちの女性社員が活躍してるのかなど、紙ベースではわからないことを直接企業の方とお話ができ色々と聞けました。

「企業の理解が働く土壌をつくる」レポート3を読む

執筆・編集

執筆:Y.T
編集:安部静香(いぐする仙台)

いぐmamaプロジェクトは、「平成28年度東北地域UIJターン促進事業」「平成28年度地域中小企業・小規模事業者人材確保等支援事業」として実施します。

next_action

この記事を書いた人

いぐmamaプロジェクト
いぐmamaプロジェクト
「働く」を考えるプロジェクト。人生の岐路の一つである子育て中の女性を中心に発足しました。