いぐmama

会社の一員としての働き方-1/いぐmamaレポート

いぐmamaプロジェクト いぐmamaプロジェクト
50 views 2016.11.25
igu-mama_eye20161122-01

私の希望と不安

プリント
仕事の内容は勿論ですが、自分の中で子育て中は時間が最重要なので多少の妥協は仕方ないと思っています。ただ妥協して働くのではなくその中で吸収したい所、これからに活かせる所を探せるか。未経験の仕事にトライしたいと思っても年齢的にもその会社に受け入れてもらえるか?や、急な子供の発熱、幼稚園の休園などで迷惑をかけるであろうことに不安を感じます。

「スキル」の位置づけ。対話から視野が広がった

もともと医療事務の仕事をしていたので福祉介護にも興味があり医療法人社団敬和会に話をききました。
感想は「従業員に凄く優しい会社だ‼」です。年次の有給の他に子供の発熱や親の介護の為の有給まであるなんて他では聞いたことがないですし、託児所もあり資格やスキルアップの為の研修費用まで出して頂けるそうなので自分を成長させてくれる企業だと思いました。
この他もう1社も訪問しましたが、自分が思っていた事業内容とは違いました。子育てとの両立以前に、それなりのスキルが必要でしたし、営業や事務職はExcel やWordが普通に出来れば…との話でしたが、「普通」ってどの程度を指すのかわからなかったです。
でもお話を聞いている内に、こちらの会社と提携する事業の方に興味が出たりして選択肢を拡げる良い機会になったと思います。

お話しをする方や、方法によって企業に対するイメージ 興味の程度が物凄く変わると思いました。時間の関係で2社しか話を聞けませんでしたがもっとたくさんの企業の話を聞きたいと思いました。ハローワークなどでは見落としてしまうような、自分のやってみたい事を発見出来たので嬉しかったです。

 
 
「会社の一員としての働き方」レポート2を読む

執筆・編集

執筆:相澤尚子
編集:安部静香(いぐする仙台)

いぐmamaプロジェクトは、「平成28年度東北地域UIJターン促進事業」「平成28年度地域中小企業・小規模事業者人材確保等支援事業」として実施します。

next_action

この記事を書いた人

いぐmamaプロジェクト
いぐmamaプロジェクト
「働く」を考えるプロジェクト。人生の岐路の一つである子育て中の女性を中心に発足しました。