いぐmama

キャリアチェンジってできるの?-2/いぐmamaレポート

いぐmamaプロジェクト いぐmamaプロジェクト
64 views 2016.11.22

私が重視したいこと、疑問と不安

プリント
【重視する点】
・通勤距離、時間
・勤務時間や残業の有無
・子供の体調で急な休みになったとき

【疑問や不安】
・朝礼や朝の掃除などがあると始業時間より早く出社しなくては行けないが、そういう時間を少しでも家庭の時間に回したいと考えてしまうが、こういう考えは自分のワガママなのかとふと考える時がある。

「一緒に働きたい」と思える会社

車のバッテリー、ETC、カーナビなどの営業、物流、企画を行う「ミカド電機工業」を訪問した。いつも車を使うので、知識不足はあるが知りたいと思った。お会いした方は2人とも男性だったが、気さくで話しやすく『質問はありますか?』など話すきっかけをくれたりした。働いてる女性の数は45人中7人と少ないが、子供の事を話すと『急な休みでも社内でフォローする』と答えてくれて安心した。

加工などの仕事は女性の方が多く働いているのかな?と思って、めかぶや、イカ、サバなど水産加工の「八葉水産」を訪問。会社は気仙沼という事でしたが、こちらの会社も気さくで雰囲気も良かったです。産休を取り復帰される方もいるそうで、子供のいる女性に合った働き方を提案しているそうです。
私が『今、勤めてる会社は10年と長く、今の会社しか知らない。一歩踏み出せない』と話したら『長く勤めている事は貴方の強みになるので、ドンドンアピールする価値はありますよ』と言って頂いて自信が持てた。こういう理解ある職場はいいなと感じた。

マイナスな捉え方は思い込み?! 

子供がいる事を引け目に感じていたが、意外に子供がいるという事をマイナスと考えない企業があってイベントに参加してみて良かったと感じました。
ずっと今の職場でいいのか?とモヤモヤしていましたが、自分に合った職場や働き方があるのかな?という考え方も出てきて視野が広がりました。

「キャリアチェンジってできるの?」レポート3を読む

執筆・編集

執筆:Y.A
編集:安部静香(いぐする仙台)

いぐmamaプロジェクトは、「平成28年度東北地域UIJターン促進事業」「平成28年度地域中小企業・小規模事業者人材確保等支援事業」として実施します。

next_action

この記事を書いた人

いぐmamaプロジェクト
いぐmamaプロジェクト
「働く」を考えるプロジェクト。人生の岐路の一つである子育て中の女性を中心に発足しました。