チャレンジ

【名亘で働きタイ×ワタレポ】バイタルケア

名亘ワタレポインターン
43 views 2016.03.30
ワタシゴトレポート
「ワタシゴトレポート」は、地域の中小企業で活躍する方々への取材を通じ、地域の仕事や組織の魅力を発掘・発信するワカツクのインターンシッププログラム です。参加学生は将来のキャリアを考えるきっかけを見つけるため、取材・執筆 活動を行います。宮城県庁との連携で、名亘地域(※)に所在する企業を訪問しました!

(※)名亘地域:宮城県名取市、岩沼市、亘理町、山元町のこと。

制度が充実し、やりがいを感じる職場

【株式会社バイタルケア(名取市)】
名取市に本社を置く株式会社バイタルケアは、高齢者介護サービスを名取市、仙台市のほか、秋田県、新潟県でも展開しています。親会社である医薬品卸のバイタルネットから、2005年に分社化しました。

主な事業はデイサービス(通所介護)、訪問介護、居宅介護支援(ケアマネジメント)、サービス付き高齢者向け住宅でのサービス、介護福祉用具のレンタルの5つ。介護の内容については、バイタルケアのWebサイトにて詳しい説明を読むことができます。

今回の取材時は、デイサービスセンター「さふらんの家」で利用者の皆さんが輪を作って体操とゲームをしていました。学生記者も特別に参加させてもらい、チームにわかれた対戦ゲームでは思わず利用者の皆さんと一緒にヒートアップ。笑いあり熱気ありの和やかな環境でした。

バイタルケアーD7K_0806
バイタルケアーD7K_0826
▲レクリエーションに参加する鎌田記者

今回は、介護事業部・ユニット統括課訪問介護統括の菅野登喜子さん、管理部企画課の島田佳代子さん、デイサービス部門で働く鈴木しおりさんに、主に話を伺いました。

バイタルケアーD7K_0875
▲お話を伺った社員の皆さん

充実した制度

バイタルケアの強みは、人事・教育制度にあります。
介護の仕事は、給与面などに不安に感じる方も多いと思いますが、バイタルケアは人事考課制度や福利厚生が親会社のバイタルネットに準じているため、充実した制度のもと、上を目指せる仕組みになっています。
また、新人研修に力を入れており、3ヶ月の社会人研修と技術研修の後に、同じく3ヶ月間の現場実習によって全ての事業を経験し、その後本人の希望や適性を判断し、実際の部署に配属され現場研修が行われます。
さらに、入社後2〜5年間はフォローアップを受けることができます。仕事柄、人対人の問題悩みを抱えることが多い職場であることから、面談によるアドバイスやサポートを受けられることが若手社員にとっては非常に心強いようです。

募集内容

学歴を問わず「やる気」のある人を募集しています。介護関係の資格がない方も、入社前、または入社後に資格を習得していただきます。研修制度などについては、上記のとおりです。

学生記者から見た、株式会社バイタルケア

今回の取材では、優しい話し方が印象的な、入社2年目の鈴木しおりさんにお話を伺いました。
バイタルケアーD7K_0861
▲鈴木しおりさん

鈴木さんが働くのは、デイサービス部門。利用者の自宅への送迎や食事、入浴のなどの介助、体操やレクリエーションでの指導、季節ごとの行事(クリスマス会や忘年会)も企画しています。

鈴木さんがお年寄りの皆さんと話す際は、目線を合わせることを意識しています。姿勢を下げ、体を向け、笑顔で声のトーンを高くすることで話を聞き取りやすく理解しやすいようにしています。家族や家のことを聞くことが多く、時には冗談を言い合うことも。「普段の何気ない会話が楽しい」と鈴木さん。

鈴木さんが介護業界に飛び込んだきっかけは、「人の役に立ちたい」という思いからでした。大学では生活相談員を目指すために社会福祉士の資格を取得しました。生活相談員とは利用者1人1人に合った介護サービスを提案する仕事です。「デイサービスに来てもらって、楽しく生活してほしい」と鈴木さんは語ります。

編集後記

取材・執筆:鎌田尭(東北学院大学4年)

バイタルケアーD7K_0860「介護」という言葉を聞いた際「大変、キツい」といったイメージをする人が多いと思います。実際、大変な部分はあります。しかし、それ以上にやりがいのある仕事です。
今回の取材で「介助した際、ありがとうと言われた」「車イスだったお年寄りがデイサービスに来て立ち上がることができた」といったお話を聞くことができました。訪問させていただいた「さふらんの家」では、お年寄りとスタッフが和気藹々と会話していました。
「やりがいは本当に大きい」と、訪問介護統括を担当する菅野登喜子さんは語ります。実際に現場の雰囲気や具体的な仕事内容を把握せず、「キツそう、自分には向いてない」と決めつけるのはもったいないことです。「お年寄りが好きな人や、社会に貢献したい人に向いている」と菅野さん。周囲の価値観ではなく、自分の価値観で仕事を見て欲しいと思いました。

取材協力:株式会社バイタルケア

※記事(企業情報・求人情報)は、宮城県仙台地方振興事務所 「被災沿岸地域に対する商工観光連携促進事業」の一環で執筆したものです。

next_action