学生記者がお仕事の魅力を発見!仙台イケてる会社訪問
イケ社

新しい生活スタイルを提案!「株式会社Magenta」

高橋夏海 高橋夏海
5,755 views 2015.04.24
ikesya66_eye
高橋夏海 高橋夏海 東北福祉大学3年(執筆当時)
来月、5月10日は母の日です。お母さんへの感謝の気持ちを込めてカーネーションなどの花を贈る人が多いですよね。ということで、今回はお花屋さんを取材!なに・・・?オシャレな花束を作ってくれるお店がある!?さっそく行ってきました!

Magentaってこんな会社

株式会社Magenta(マジェンタ)は「杜の都・仙台」を象徴する仙台市青葉区の定禅寺通りにあるお花屋さんです。

ikesya66_12
2012年に開業し、今では、3人の従業員が働いています。個人のお客さんだけでなく、企業や、隣にある結婚式場のお花も担当しています。代表取締役の山田剛さん(40)は、丈が長い、コートのようなブルーの仕事着が似合っていてとても素敵!

ikesha66_30

仙台の企業魅力

「サプライズ」で差別化を図る

「小さくても一本一本にこだわりのある心のこもった花束をもらう方が嬉しいと思うんです」
マジェンタでは、山田さんが花の色や形、質感にこだわりを持って買い付けているため、種類は20~30に絞って置いています。紫色の花が多く、ぼってりした大きなつぼみから、可憐な小さなつぼみの花もありました。

ikesya66_05
仙台の市場で一本一本吟味するのはもちろん、仙台では手に入らない珍しい花は東京から取り寄せたりしているそうです。

「花束には花だけでなく、ちょっとしたサプライズの要素も入れています」と、山田さんが取りだしたのは、年代ものの洋書。花束に添えると、雰囲気が変わってオシャレ!

山田さんは海外に興味があり、視察と洋書の買い付けのためにヨーロッパか、ニューヨークまでよく足を運んでいるそうです。

花束をもらう人の性格や年齢、雰囲気などを思い浮かべながら花を選んでいきます。

ikesya66_03

ikesya66_04

山田さんの経験とセンスで花と花の色合いや大きさのバランスをとっていきます。

ikesya66_06

ikesya66_07

ラッピングは茶色などの暗い色にして、アンティーク調を作り出しています。

ikesya66_08

最後に英字の紙をとめて

ikesya66_09

完成!じゃん!
「これがマジェンタの花束です」。

ikesya66_10
山田さんが花束をプレゼントしてくれました!
カメラマンとして同行してくれた鈴木さんにも!
花束をもらうのはやっぱり嬉しい!顔を近づけると、なんともあまーい香りが!目を閉じるとお花畑が見えて、一瞬、取材のことを忘れてそうになりました(笑)

「買ってもらうための努力」よりも大事なこと

「花を買っても、飾る方法がわからないお客さんが多かったんです」と、山田さん。「買ってもらうための努力よりも、花を飾ってもらう提案をしています」。

今後は、花瓶以外にも花を飾れる方法を知ってもらい、実際にものを作ってみるワークショップを開催しようと考えています。「花の飾り方が分かればもっと身近になる。生活に取り入れて花を買ってくれる人が増えるといいですね」。

ikesya66_01

「花を飾れば、生活リズムが変わると思うんです。花の不思議な力で、生活にもっと貪欲になってほしい」と山田さんは言います。花を飾ったら、自然と部屋を掃除したくなる。すてきな生活を送ろうと努力するようになる。花1本で自分の生活がガラリと変わっちゃうかもしれないなんて、すごい!!

お花から生活デザインへ!たくさんの人を喜ばせる!

「人を喜ばせることがお店をやっていく上で一番大事なことだと思います」。

色や形、質感にこだわり抜いた花を使う。海外から仕入れた英字の紙や独特の包装紙でサプライズ感を演出する。花の飾り方を教えて、彩りのある生活を提案をする。これらは全て、山田さんの「人を喜ばせたい」という想いからきていました。
「お店をやっていて大変なことはありますか」という質問に、しばらく考え、「特にないかなぁ」と答える山田さん。本当に好きなお花を仕事にしていて、自分が心から楽しんでやることが、人を喜ばせることに繋がっていくのではないかと感じました。
山田さんは、今後、お花から生活のデザインに活動を広げていきたいと考えています。「花そのものを売りに行くというよりも、どういう使い方をしてもらえるかを売りに行っています」。お花屋さんというよりも、広告代理店みたい?!

Magentaでは個人のお客さんにも、依頼があれば花束の作り方や、アレンジの仕方を教えています。女性の友達同士での依頼が多く、「コミュニケーションツールとして花を生けに来ているのかも」と山田さんは感じています。
友達とお茶をしたり、カラオケや、ご飯を食べに行くのと同じような感覚で花を生けに行く。これまで考えたこともなかったけど、いいかも!!「今日なにする?お茶?カラオケ?ご飯?それとも花生ける?」って今度友達を誘ってみようかな。

高橋夏海高橋夏海東北福祉大学3年(執筆当時)
文章:名前(○大学○年)
写真:名前(○大学○年)
next_action

株式会社Magenta
従業員数3名
住所宮城県仙台市青葉区国分町2丁目13-20
電話番号022-393-8370

撮影協力

鈴木恵
鈴木恵
東北学院大学3年(執筆当時)