ニュース

【動画】「なんかおもしろい」を日常に! 「合同会社チームサンタ」

根本 もっさん
1,043 views 2015.03.09
team_santa_eye

いぐする仙台クリエイティブ班、今回はちょっと変わった商品を開発している噂を聞き、合同会社チームサンタさんへ取材にお伺いすることに!

仙台じょぶすとりーむ~合同会社チームサンタ~

合同会社チームサンタ代表・三浦崇さん。
普段はHPやネットショップの制作等、Web制作の仕事をしつつ、スマホアプリの制作や、ロゴ制作なども行っているそう。しかし、チームサンタさんのお仕事はそれだけではありません。

今回は、学生レポーターの有賀友梨がチームサンタさんの魅力に迫りました!

santa1

ちょっと変わった社名の由来

有賀:「チームサンタさんってとっても可愛らしい企業名だと思うんですけど、名前の由来は何ですか?」

三浦さん:「いま7人でやっている会社なんですけど、元々は3人でやっていまして、
僕の名前が、
『三浦崇(ミウラカシ)』
もうひとりが
『郷古拓実(ゴウコクミ)』
もうひとりが
『佐藤拓也(サトウクヤ)』

ということで、3人の名前の頭文字をとって、

『サンタ(3タ)』

という、ほんとに安直な名前なんですけど笑」。

三浦さん:「そこに僕らの企業理念でもある『なんかおもしろい』ものを提供していきたい、本当のサンタさんみたいにみんなに面白いものをプレゼントしていきたいという気持ちもこめて『サンタ』という言葉を入れました」。

三浦さん:「それと会社っぽい会社を作りたくなかったので、みんなチームでいようという意味で『チーム』という言葉をつけて『チームサンタ』という名前をつけました」。

企業理念「なんかおもしろい」

有賀:「HP制作以外にも、様々な企画をされているとお聞きしたのですが、どういったことをされているのですか?」

三浦さん:「そうですね、弊社ができたきっかけっていうのも『何か面白いことをする会社をつくりたい』という思いがありまして、その思いが無くならないように、2~3ヶ月に1回くらいの周期で社内でミーティングをして、何か面白いものをしようといろんな企画をやってます」。

三浦さん:「いろんなところで取り上げられたところだと手書きデジタル時計」。

santa14

三浦さん:「手書きで1分1分時計を書き換えていく、24時間の時計を、まぁ、一発撮りで撮影して、それをWeb上にあげて、実際の時計と連動させて公開しています」。

※実際の「手書きデジタル時計」はこちらからご覧いただけます(PCのみ対応)

三浦さん:「これがWebのニュースで取り上げられて、それから香港にいったり台湾にいったりってことで全世界から観ていただいてバズったということがありました」。

三浦さん:「それと、今ちょうどマリンピア松島水族館が閉館しちゃうんですけど、そのカウントダウンプロジェクトにも参加しておりまして、僕らの方で、みんなの松島水族館への『ありがとう』の気持ちをWeb上で集めていて、松島水族館までそのメッセージを届けるという企画をやっておりますので、お時間があったらぜひ、『ありがとう』のメッセージを入れてもらえたらと思います」。
santa15マリンピア松島水族館閉館カウントダウンプロジェクト公式HP
(画像をクリックするとページが開きます)

ICカード「ICSCA」と禁断のコラボ

『なんか面白い』が企業理念のチームサンタさん。最近では、仙台市営地下鉄で使えるICカード『ICSCA(イクスカ)』とコラボしたユニークなグッズを販売したそうです!

santa5

三浦さん:「これが『ICSCA』の表面に貼って着せ替えができるステッカー『KIRCA(キルカ)』と『MITANA(ミタナ)』です」。

有賀:「これは…可愛いですね!!」

有賀:「ちなみに一番人気のデザインはどれでしょう?」

三浦さん:「ずば抜けて売れているものはないんですが、『KIRCA』の中だと赤ずきんちゃんをモチーフにした赤色の着せ替えシールと、
santa11

『MITANA』の方だとこの「」のもの。
santa12

そして入浴中の女の子のやつですね」。

santa13

有賀:「あ、入浴中の女の子のやつですね」。
(どこかでとても似たキャラクターを見た気がするけど、声には出さない有賀レポーター)

有賀:「このステッカーを購入された方々から何か反応などはありましたか?」

三浦さん:「そうですね、本当にさまざまなメディアに取り上げていただいたので、本当にたくさんの反響があったんですが」。

『面白いね!』『買いたい!』

という反応と、

『えっ』『これ本当に売っていいの?』

という反応が五分五分でしたね」。

有賀:「ちなみに、(売って)いいんですか?

三浦さん:「そうですね、ICカードにシールを貼って楽しむこと自体は全然違法でもないですし、個人の見解に任せているんですけども、チャージするときには機械がつまって壊れる原因になりますので、その際にはぜひ外してください、ということをお願いしてますね」。

三浦さん:「それと、私たちが作っているシールは弱粘性で作っていますので、何度はがしても大丈夫ですから、ぜひ外してチャージしていただければと思います」。

有賀:「なるほど、ありがとうございます」。

ただ取材では終わらない、チームサンタの逆襲

そしてインタビューが終わると、広報の郷古さんからどこかで見たことのあるフォーマットの書類が…。

郷古さん:「あのー、僕たちの方でもインタビュー原稿を用意しましたのでよかったら取材させてください」。

santa6

そこには、事前にチームサンタさんにお渡ししていた原稿とそっくりの「いぐする仙台・有賀友梨さん」インタビュー原稿が!

santa7

santa9突然の逆襲取材に不満顔の有賀レポーター…。

santa8はじまってみると満面の笑み

この取材の内容は、後日チームサンタさんのHPで公開されるそうなのでお楽しみに!

チームサンタさん、「なんかおもしろい」という企業理念を体現するユニークな会社でした。

KIRCA・MITANAはネット上で購入できますので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。

next_action