学生記者がお仕事の魅力を発見!仙台イケてる会社訪問
イケ社

【スポーツクラブ】筋力UPもシェイプUPもお任せ!仙台発「グラン・スポール」

小幡竜一 小幡竜一
12,911 views 2014.06.23
graspo_eye
小幡竜一 小幡竜一 東北工業大学3年
皆さんはスポーツクラブにどんなイメージを持っていますか?え、なになに?ランニングマシンを使って走る?エアロバイクをひたすら漕ぐ?ダンベルで筋トレ?なるほどなるほど。最近は気温も高く、汗を流すにはピッタリです。初夏を迎えた朝のランニングも心地良いですよね!あー、何か運動したくなってきた!ということで、スポーツマンである僕、小幡が「グラン・スポール 上杉店」にお邪魔しました!

グラン・スポールって、こんな会社!

仙台市営地下鉄北四番丁駅から歩いて2分のところにグラン・スポール上杉店はあります。1985年創業の、仙台発信の本格的な会員制スポーツクラブです。上杉店のほかに、2008年1月に八幡店をオープン。昨年2月にJR長町駅の近くに、あすと長町店をオープンさせ、たくさんのスポーツ好きをサポートしています。

graspo1

仙台市民の健康作りに貢献すべく、会員の声や、時代のニーズに合わせたスポーツクラブを目指しています。施設は、各種ウエイトトレーニングマシンやエアロバイクを完備したアスレチックジム、ガラス張りの開放的なスタジオ、ゴルフ練習場、25mのスイミングプールがあります。お風呂やシャワールーム、マッサージチェアなども完備されています(各店舗によって設備は多少異なります)。

graspo2

「こんにちは!」。エントランスに入ると受け付けの女性スタッフが笑顔で出迎えてくれました。支配人の佐々木厚さんは、なんと僕の大学の先輩!何だか親近感が湧きます。和やかな雰囲気になったところで、グラン・スポールの魅力についてお聞きしました!

graspo3

仙台の企業魅力3つ

充実したトレーニング指導!

グラン・スポールは社員の比率が高く、全体の8割を占めています。会員のモチベーションを上げるため、社員一人一人が高い意識を持ち、会員それぞれに適したトレーニング指導法と、体力・筋力強化のサポートをします。社員の数が多いことで、いつも同じ顔ぶれがそろっていることで、会員はトレーニングに集中できます。目が合えば「こんにちは」と爽やかに挨拶してくれたり、筋トレ中に「ああ、もう苦しい…」と思ったところに、後ろから「あと5回!」と喝を入れてくれたりします。

graspo4

程よい距離感で会員のトレーニングをサポートしてくれるのが、グラン・スポールが人気の理由の一つです。マシンの使い方や、筋肉に効いている箇所を教えてくれます。また、定期的にカウンセリングを行い、会員のコンディションや運動による効果をチェックしています。まさに先生から個別指導を受けているような感覚です。

「トレーニングでは、ほんの少しだけ無理をしてもらいます」とトレーナーの江澤尚徳(たかのり)さん。え?無理してもらうってどういうこと?

graspo4-1

「トレーニングを継続してもらうためには、目標を高く持つことが必要なんです。そのために少し無理してもらいます」。会員の運動能力を上げるためのサポートもトレーナーの役割の一つだそうです。

独自の社員研修をしている

社員は様々な学部、学科の人がいます。体育大学出身の人もいますが、全員が体育を専攻していたわけではありません。社員研修では実際に施設で運動体験をします。スイミングプールで泳いだり、トレーニングマシンで筋トレをしたり。「スタッフ自身が施設を使ってみることで、見学に訪れた人や会員にプールの水温やマシンの使い勝手などを伝えられるようになります」と佐々木さんは言います。そうすることで会員と同じ目線で接客することができるようになります。スポーツがメインの職場ということもあり、社員みなさんの表情からはスポーツを愛している様子が伝わってきます。雰囲気も良く、望ましい環境で働いていると肌で感じることが出来ました。スポーツの好きな僕からすると羨ましいです。

graspo5

スタジオプログラムが豊富

スタジオプログラムは30以上。ヨガやピラティスのようなリラックスタイプのものから、エアロビクスなどの運動量の多いものまであり、バリエーションは豊富。会員は好きなプログラムを見つけられます。また、最新のプログラムもいち早く取り入れています。その理由としては「うちは系列などのしがらみがないので、良いとこ取りできるんですよ」と佐々木さんは言います。
1時間ごとに朝から夜までプログラムが組み込まれているので、シニア世代は日中、会社員は仕事帰りに、大学生は学校が終わってからなど、さまざまな年代から利用しやすいと喜ばれています。

graspo6

スタジオプログラムを体験!

実際にスタジオプログラムを体験させてもらうことに!
「ボディバランス」は静かな音楽に合わせ、体全体をひねっていきます。柔軟性、安定性が求められます。時間が経つにつれて徐々に足にも負担が…。片足立ちになるとガクガクしてきます。しかし!これでおしまいではありませんでした…。

graspo7

「じゃあ、続けてエアロビクスね」。江澤さんの目はマジです。

こちらはアップテンポの音楽に合わせて激しく動きます。ステップを踏んだり、ハイキックしたり、バックステップで下がったり、ラダーで足を小刻みに動かすなど。リズミカルですが、とにかくハードです!終盤はヘトヘト…。足が思うように動きません。水分が欲しくてたまりませんでした。プログラム終了後は、スポーツドリンクをゴクゴク。
「じゃあ、次は…」。さすがに3つ目は丁重にお断りしました。

graspo9

ヘトヘトにはなりましたが、どちらのプログラムでも共通していたことは、「無理なくトライできる」ということ。全体を見渡しているインストラクターのご指導もあり、何とかやり切りました!本当にプロの方のサポートはありがたい!楽しさもあり、心強さを感じることができました。

まとめ

トレーニング指導や社員研修の考え方を知り、グラン・スポールは会員の事を大事に思っているスポーツクラブだということがわかりました。受け付けから雰囲気が良く、誰でも気軽に入れます。あちこちからトレーナーと会員の会話が聞こえ、みんなの笑い声からは安心感が伝わってきます。

江澤さんがこんなエピソードを教えてくれました。以前、けがでスキーの出来ない状態になった女性会員がいました。それでもトレーナーの指導を受けて筋肉を強化し、もう1度スキーの出来る体を取り戻したそうです。トレーナーと会員の信頼関係が強い理由も納得です。これからも仙台の人気スポーツクラブとして、スポーツの楽しさ、そして健康の大切さをどんどん伝えてほしいです。

graspo10

今回は取材と体験のセットで、グラン・スポールの魅力に迫りました。実際にマシンを使わせてもらい、トレーニングを体験。指導してくれた江澤さんの“ドSっぷり”を感じる場面もありましたが、これもすべて僕のことを思っての指導です。なにより、自分に無理のない範囲でトレーニング出来きました。思いっきり汗を流した後のシャワーも最高。グラン・スポールの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです!
小幡竜一小幡竜一東北工業大学3年
next_action

株式会社グラン・スポール
http://www.sportsclub....
従業員数41名(2013年6月30日現在)
資本金5000万円
住所宮城県仙台市青葉区上杉一丁目14番15号
電話番号上杉店…022-222-7447
八幡店…022-266-8871
長町店…022-308-7477

この記事を書いた人

小幡竜一
小幡竜一
東北工業大学3年
生まれも育ちも仙台市。小さい頃からずっと暮らしています。下の名前で呼んでもらえないのが悩み。皆からは「小幡くん」と呼ばれる。サッカー、ハンドボールが大好きです。趣味は映画鑑賞とショッピング。面白そうな映画と洋服には目がありません。