いぐみみ

“掲載”までの裏側見せます!いぐする仙台

いぐする 仙台 いぐする仙台
37 views 2018.09.20
編集会議を見守るいぐみん2
現役の大学生が地元企業を取材し、記事を書いている「いぐする仙台」。
先週から2週にわたって、学生記者の活動や、それをサポートするいぐする仙台編集室の裏側をお見せしています。

今週は、取材を終えたところから、記事が掲載されるところまでを紹介します。
取材先を探すところから、実際に取材するところまではこちら

STEP1 執筆準備をする

取材で聞いた内容を、メモにまとめます。学生記者にとっては、どの企業の仕事も、初めて耳にする情報ばかり。たくさん話してもらった内容を、どう記事にまとめればよいか、悩んでしまうことも…

でも、大丈夫!いぐする仙台には、取材メモ専用のフォーマットがあります。そこに内容をまとめることで、記事の構成を考えやすくなっているんです。

いぐする記者書くイメージ1

さらに、いぐする仙台編集室(一般社団法人ワカツク)のスタッフが、取材メモを見て記事の構成や内容をブラッシュアップしていきます。いきなり記事を書き始めるよりも、このひと手間を加えたほうが、スムーズに記事を書けますよ♪

STEP2 記事を執筆する

取材メモが完成したら、それをもとに記事を書きます。納得のいく記事ができるまで、2~3回ほど書き直します。編集室のスタッフが記事を読んで、より面白くわかりやすい内容になるようにフィードバックします。

学生記者はプロの記者ではないので、完成度の高い記事を書けるわけではありませんが、学生ならではの視点や、友だちに伝えたくなるような内容が盛り込まれるように心がけています。

いぐする記者書くイメージ2

STEP3 取材先に確認依頼をする

記事を書き上げたら、事実関係に誤りがないかの確認を、取材先の企業に依頼します。
取材中にメモを取ったり、やり取りを録音したりしていても、聞き間違いや勘違いは起こり得ます。そのため、いぐする仙台では必ず掲載前に確認をお願いしています。
必要に応じて、記事を修正します。

STEP4 記事を掲載する

企業の確認を終えたら、いよいよ記事の掲載です。編集室のスタッフが、完成した記事をいぐする仙台のWEBサイトに反映させます。カメラマン役の学生記者が撮影した写真を、加工してから記事の間に入れ込み、最終チェック。木曜日にあわせて、記事を掲載します。

記事は掲載して終わりではありません。より多くの人に読んでもらえるように、TwitterFacebookで紹介します。その記事を執筆した人以外の学生記者が、SNS上での記事の紹介文を週替わりで考えています。

いぐするFacebook画像
▲Facebookでの記事の紹介例

記事を執筆した人は、掲載後に編集室のスタッフと振り返りを行います。良かった点や改善点などを見つけて、次の取材に生かしていきます。

いぐする記者の日常イメージ

いかがでしたか?
取材先を探す~記事が掲載されるまでにかかる期間は、およそ1か月~1か月半。
活動に慣れてくると、毎月1社取材して記事を書けるようになれるかも!?

いぐする仙台の学生記者になるには?

【学生記者 メンバー募集】のフォームから連絡してください。いぐする仙台編集室のスタッフとの面談を経て、活動がスタートします。

事務所は、東北大学の片平キャンパスと、東北学院大学の土樋キャンパスの近くにあります。講義へ行く前や、講義終わりに、気軽に立ち寄ってくださいね♪

説明会のお知らせ

◆開催日:2018年9月~10月 毎週木曜日
◆開催時間:18時~19時
◆場所:いぐする仙台編集室(一般社団法人ワカツク
    仙台市青葉区北目町4-7 HSGビル3階 地図はこちら
◆対象:大学生、大学院生
◆お申込み:コチラから
希望の日にち(9/20、9/27、10/4など)をお知らせください。木曜18時~参加が難しい方は、別の候補の日時を教えてください。

少しでも興味を持ったら、ぜひ話を聞きに来てみてくださいね。

next_action