記者インターン

多くの人々に花と緑を  株式会社多賀城フラワー 社長 鈴木 貴資さん(38)

川口 御生 川口 御生
338 views 2015.08.28
kisha_2015_sum_eye

花という贈り物。それは物とは一味違う魅力をもつ。

「花は最初は有形だけれどいずれは枯れて無形になってしまう。最初は物として贈られるが、最終的にはなくなって思い出として心に残る、形の変化が面白さであり魅力なんです」。そう笑顔で語る。
tagajoflower-2
地域の人々の支えあっての商売。感謝を忘れずお客様とのつながりを大切にしたいとの思いから、アフターフォローに力を入れる。他社とは違うひと手間の一つは、商品をお届けした直後に送る、依頼者への報告メールだ。お届けした商品の写真データやお花の種類、届けた時間帯を知らせる。

 現在の花屋は、50年前に祖父が始めた。家業を継ぐと決めたきっかけは、大学4年生の時の祖父の死だ。「花屋を継いでほしい」この一言に突き動かされた。28歳の若さで社長になり、社員と共に成長しながらここまできた。

tagajoflower-1

夢は世の中を花と緑で埋め尽くすこと。もっと花を身近に取り入れてもらいたい。花屋業界全体の市場が縮小する中、花とお酒をセットにした商品の企画という新たな取り組みも行う。
「提供したいのは花のある空間。食卓に花があるだけでテーブルは華やかになって、気持ちも明るくなるんです」。
今後も花の振興に向けた挑戦は続く。

tagajoflower-3
▲ お酒とアレンジメントのギフトセット

文章:川口御生 山形大学3年 (2015.8.28)
写真提供:株式会社 多賀城フラワー
next_action

この記事を書いた人

川口 御生
川口 御生
山形大学
カフェ巡りと読書とサカナクション(ミュージシャン)が大好きな、21歳大学生です。のんびり屋の私ですが、今年掲げた目標は「行動すること」。物思いにふける前にまずは動いて試行錯誤していきたいです。いぐする仙台でも自分が見聞きしたことをどんどん発信していきたいと思います!