学生記者がお仕事の魅力を発見!仙台イケてる会社訪問
イケ社

仙台の繁盛店はこうして作られていた!「小西造型」

野上貴 野上貴
1,978 views 2014.11.28
野上貴 野上貴 山形大学4年(執筆当時)
商業都市・仙台にはたくさんのお店があります。街を歩いていて思わず足を運びたくなるお店は、意外と“見た目”で決まるような気がします。そこで今回は、お店の集客を陰で支える内装業に着目しました。青葉区にある「小西造型」は“繁盛店づくりのプロデュース”をプランニングコンセプトに掲げ、お客様の夢や想いを表現している会社です。どうやって繁盛店をプロデュースしているのか、取材してきました!

小西造型って、こんな会社!

創業1969年。主に店舗・展示装飾・サイン等々の企画、設計、施工、監理をしています。創業時は、お店の看板製作や展示会の内装づくりが多かったようですが、1970年以降、お客様の成長・発展とともに店舗の企画デザイン、近年は店舗の建築まで手がけるようになりました。
現代では店舗デザインは私たち消費者の目を引くために重要です。内装の提案1つで、道行く人が思わず足を運びたくなるようなお店を生み出す手助けになります。内装業の仕事や魅力について、取締役の佐々木哲司さんにうかがいました。

ikesya_konishi1

仙台の企業魅力3つ

お客様にはない「引き出し」がある

小西造型の主な仕事は、提案型の営業です。出店を考えるオーナーや持っている土地にどんなお店を入れたらいいのか悩む地主さんをお客様としています。

仕事は3、4回の打ち合わせでお客様から要望を聞くことから始まります。そして打ち合わせをもとに、お客様の要望に沿った案と小西造型が考えたオリジナルの案を用意します。オリジナルの案には、最近のトレンドやほかの地域での出店例などを加え、お客様がそれまでになかった視点を提供します。この施工前のやり取りがお店の繁盛を左右します。

お客様が知らない情報やアイデアを提供することで、お客様と一緒によりよいお店づくりをできるのが小西造型の強みです。そのためには、日ごろからデータ収集や調査などが必要になります。「非常に根気のいる仕事ですが、それだけやりがいがあります」と佐々木さんは語ります。

ただ造るだけじゃありません!

小西造型は東北6県をはじめ、北海道、新潟、そして、東京や大阪、九州まで、お客様が望むところであれば全国各地で仕事をしています。特に強みとしているのは食品土産店舗等の内装企画・設計です。

主要な取引先は東北地方の駅中にあるお土産店です。仙台市では「萩の月」で有名な「菓匠三全」や「伊達の牛たん」などがあります。

ikesya_konishi3

ikesya_konishi2

こういったお店と長く付き合っていくためには、施工後のきめ細かいアフターメンテナンスが欠かせません。施工後も、故障や破損箇所はないか様子を伺いに何度も足を運ぶそうです。毎月120~130件のメンテナンス依頼はそのきめ細かい対応の賜物です。

図面も引ける営業マン

以前は施工作業も自社で行っていました。しかし、東日本大震災による被害で工場が全損してしまい、現在、施工はOBや協力会社へ外注しています。社員の中には、それまで施工に携わっていた、いわゆる「技術畑」で仕事をしていた人も多いそうです。

営業は相手との交渉がうまいだけで務まるわけではありません。正確な図面が引ける、ものづくりができるなど、技術面が求められます。完成図の絵をきれいに書ける社員が多いことも小西造型の強みです。

ikesya_konishi4

社員の紹介

佐々木信也さん(38歳) 営業企画開発部係長

ikesya_konishi5

勤続14年目。美術館の催し物全般の内装企画を担当し、「伊達の牛たん」の内装も手掛けています。普段心がけていることは「お客様に自分を好きになってもらえるような丁寧な対応をすることです」と穏やかな口調で話してくれました。

佐々木信也さんの1日の仕事の流れ

ikesya_konishi6

入社前、小西造型の手がける内装を見て「スケールの大きい、すごい仕事ができる」と思っていました。しかし、入社して気づいたのは、実際に自分が携われるのは全体の仕事のごく一部でした。製作の現場でものづくりのノウハウを地道に学び続けることで、多くの取引先と仕事ができていると感じます。

社員とその家族に恩返しをしたい

内装業は取引先店舗の営業時間の関係で、改装作業や施工後のチェックが夜遅くになることがあります。「そんな仕事を理解して支えてくれた家族に対して、何か恩返しをしなければならない」と佐々木さん。最近では業務時間の短縮や年に1回のリフレッシュ休暇が取れるよう改善に努めているそうです。佐々木さんはこう続けます。「これからは、社員本人はもちろん、『社員の家族』にも幸福になってほしい。それが、小西造型が目指す在り方です」。

深夜2時、アルバイトを終えて自宅に帰るときに営業時間をとうに過ぎた洋服店やスーパーに電気がついていました。その明かりの下では小西造型のように、内装を変えることで、お店がもっと繁盛するように日夜汗を流す人の姿が連想されます。いつも何気なく見ているものの陰で人知れず働く仕事人たちの姿を目に焼き付けてきました。

野上貴野上貴山形大学4年(執筆当時)
文章:名前(○大学○年)
写真:名前(○大学○年)
next_action

株式会社 小西造型
http://www.konishizoke...
資本金4,800万円
住所宮城県仙台市青葉区一番町3丁目7番1号電力ビル別館 4F